僕が一眼レフカメラをおすすめする理由

カメラ

ウサー

先日、友人の結婚式に出たときに友達と一眼レフカメラいいよね〜とほんのり盛り上がったので、初めての人向け一眼レフカメラ&レンズのおすすめを紹介してみようと思います。

と書き出してから1年くらい放置してあった記事ですが、今更がんばって書いたので読んでやってください。

一眼レフカメラがおすすめな理由

コンパクトデジタルカメラとくらべて大きいし重いし高い一眼レフカメラですが、個人的におすすめする理由はただひとつ。

「ボカした写真が撮れる」

これ!ボケが楽しめる!

ボケ?ボケってなんだー?
ということで。

例えば、だいたいおんなじところから撮影したこの2枚の写真で比べてみましょー。

1.コンパクトデジタルカメラで撮影

一家に一匹ある招き猫が

一家に一匹ある招き猫が

2.一眼レフカメラで撮影

なんかいい感じに

なんかいい感じに

だいぶ雰囲気が違ってませんか?

この後のピントがあっていないけど、なんかいい感じのところ。
これがボケです。

ボケを使った撮影のメリット

メリット・・・要はだいたい同じことになっちゃってる気もしますが。

写真の主役を引き立てられる

信号の押しボタン

信号の押しボタン

写真の中でとくに見て欲しいところが引き立てられます。
その場の空気が伝わってくるような。撮影者の意思が伝わってくるような。

背景が整頓できる

ほんとはもっと背景がごちゃごちゃしている

ほんとはもっと背景がごちゃごちゃしている

整頓、というかごまかせる、といったほうがしっくりくるかも。
ごちゃごちゃした部屋もボカせば、ほら、あんまりわかんない!(限界ありますけど

表現の幅が広がる

遠景もぼけるので、また違った楽しさがあります

遠景をぼかすのも好き

背景ボケをはじめ、あえて主役の手前にボカしたいものを入れる「前ボケ」、とか、木漏れ日や水面の反射などの光源を背景に入れると撮れる「玉ボケ」とか表現の幅が広がります。

ミラボー

ミラボー

写真の雰囲気をぐっと変えることができておもしろいです。

ボケた写真を撮るために

ボケ具合はカメラのセンサーサイズによって大きく変わるので、センサーサイズの大きいカメラであるほど有利。
なので、ボケを楽しむには、断然一眼レフカメラです。

専用のレンズは必要ないです

すでに一眼レフカメラを持っているなら、以下のような設定で撮ればとりあえずボケた写真を楽しめます。

  • モードダイヤル:AとかAvとかの絞り優先オート
  • f値:一番低い数値(5.6とか)
  • ズーム:めいっぱいズーム
  • 被写体に極力近づいて、背景は離して撮ると良いです。

ダブルズームレンズキット的なものをお持ちの方は望遠レンズにしてめいっぱいズームで試してもめっちゃボケますよー。

でもやっぱりボケるレンズを買うのがおすすめ

Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

これはNikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G(レビュー記事はこちら

でもやっぱりボケを楽しむにはレンズを変えるのがおすすめ。
f値が小さいレンズならだいたい無条件でボッケボケを楽しめます。

ズームレンズだとだいたい広角側でf3.5、望遠側でf5.6だったりですが、明るいレンズだとf1.4などなど。
f1.4はとってもピント面が狭いのでピント合わせが難しいですが、ピントが合った時の楽しさといったらたまらないものです。

とくに焦点距離50mmは各社お手頃値段でレンズを出してますので検討の価値あり。

ボケやすい条件

ちなみにボケやすい条件はざっくり以下のとおり。

  1. f値が小さいほどボケる
  2. 焦点距離が長いほどボケる(24mmより50mmとか85mmとかのほうがよくボケる)
  3. 被写体との撮影距離が近いほどボケる
  4. センサーサイズが大きいほどボケる

こんなもんだと思う。
それほどは難しくないです。

特に重要なのは1のf値が小さいほどボケる
これさえ調整すればだいたいOK。

簡単に言うと、

  • Nikonの場合はAモード
  • Canonの場合はAvモード

で、カメラのダイヤル回すなりしてもうとにかくf値だけ小さい値に設定して他はオートで撮ればいいってことです。

入門におすすめカメラ

2016年7月現在でボケる写真を楽しむのにおすすめカメラ。
カメラ本体の価格はボケ量に影響しませんので、一番手ごろな機種で大丈夫です。(センサーサイズが変わらないかぎりは)

僕はNikon派ですが、なんでかっていうと、シャッターボタンのそばに電源があるから、という単純な動機です。

▼Nikon

▼Canon

さらにセンサーサイズが大きい一眼レフカメラならこちら。
フルサイズとかFXとかっていいます。レンズもそれ用にしましょう。

▼Nikon

▼Canon

 

ミラーレス一眼カメラでも、最近は大きいセンサーを採用している機種もあるのでこっちでもいいです。
が、レンズのバリエーションが少なかったりするので、やっぱり一眼レフカメラがおすすめです。

ボケるレンズ

f値の小さいボケが楽しめる、おすすめのレンズ。
いっそのこと、カメラはボディだけを買って、別で以下のレンズを買うのもおすすめです。
ズームができないタイプなので利便性は下がりますけどボケをすぐに堪能できますよー。

▼Nikon

▼Nikon & Canon
価格差が少ないのでこちらもおすすめ。f1.4です。
純正品じゃないけれど信頼性の高いメーカーです。

▼ズームレンズならこちら(Nikon & Canon)
やわらかいボケで定評があるタムロンのズームレンズ。
f2.8でも結構十分ボケます。
ズームも使えるしボケも楽しめるという感じです。

僕の初めての一眼レフカメラはNikon D50にSigma 35mm f1.4の組み合わせでした。
ボケの写真が撮りたくて撮りたくて。
そんなわけでそれ以来、コンデジでは味わえないボケのきれいさや雰囲気の虜になりました。

うちで使ってるレンズのレビューもご参考にどうぞ。

というわけで

ちょっとでも写真好きならぜひ一眼レフカメラをー!と思って書いてみました。

参考になったらうれしいです。

記事が参考になったらぜひいいね!をお願いしますm(_ _)m

カメラ」カテゴリの人気記事

アウトドア&フィッシング ナチュラム

こちらもどうぞ