結婚式は単焦点でしょ!単焦点のススメ

カメラ

齢もいよいよ30代に乗り、これから人生早くなっていくんだろうな・・・と思っている@kogiです。ほにゃにゃちわ。

今回は「結婚式こそ使いたいよ単焦点レンズ」というわけで結婚式にこそ単焦点がおすすめっていうことを僕なりに書きまとめたいと思います。

結婚式こそ単焦点レンズ

僕が結婚式に単焦点レンズをおすすめする理由はこちら。

  • 背景がボカせる
  • 写りもボケもきれい
  • 画角が固定なのでポジションの工夫が楽しい
  • 結婚式場のプロカメラマンはあんまり使っていない

背景がボカせる

定番のウェディングケーキ

結婚式っていろいろ置いてあるじゃないですかー。
花とかケーキとかロウソクとか三脚とか。

とにかくごちゃごちゃしちゃうんです。スタッフさんとかもいらっしゃるし。

が、ボカせる単焦点レンズならば、新郎新婦を浮き上がらせられる。
まわりのそうましい(散らかっている)ごちゃごちゃもボカしてうやむやにできちゃうんです。

写りもボケもきれい

この時は風邪を引いていてテーブルの上には終始箱ティッシュが鎮座していた

この時は風邪を引いていてテーブルの上には終始箱ティッシュが鎮座していた

湾曲や透明感、ピントしたところからそうじゃないところまでのボケの変化や、前後のボケの形。

ズームレンズで撮った写真だと、隅に行くほど湾曲がひどかったり、ボケの輪郭が残ってごちゃごちゃしたり、といろいろあるんですが、単焦点レンズだとあんまり気になりません。

なぜなら「その画角に特化」しているからです。

教会内は撮影禁止ってところ多いですよね

教会内は撮影禁止ってところ多いですよね

ズームレンズの場合、いろんな画角をカバーするがために、無理があるところも出てしまうんですが、単焦点レンズは画角固定。
その画角に合わせてきっちり作りこまれたレンズ。
その画角で最適化されたレンズというわけです。

なので、湾曲は抑えられるしヌケが良く、そしてボケが自然できれいなのです。

画角が固定なのでポジションの工夫が楽しい

50mmレンズでみた乾杯の様子

50mmレンズでみた乾杯の様子

画角が変えられないと不便そうだけど、そこが工夫のしどころ。
腕の見せどころです。

構図の工夫がズームレンズとはひと味違った写真を生み出します。

結婚式場のプロカメラマンはあんまり使ってない

絶対に結婚式場のカメラマンが使っていない、なんてことはないんですけど。
正直、これにつきます。

プロのカメラマンは撮りこぼしがないようしっかり撮影しないといけないので、汎用性の高いズームレンズを使っていることが多いのです。
そりゃ1つの画角しかカバーできない単焦点レンズじゃあ効率悪いですもんね。

で、ズームレンズとなると、プロ用でもf2.8。

なのでf1.4〜1.8の単焦点レンズでの絵作りとはやっぱり違うんです。

構図やシーンの切り取りは、そこはやっぱりプロには勝てないけど、プロの写真にはない雰囲気を、単焦点レンズならば撮れるはず、ですたぶん。

結婚式での撮影は

テーブルのセットは新郎新婦がちゃんと見れないシーンのひとつ

自分の場合、ほとんど開放f値(f1.4〜1.8)で撮影して、とにかく連射します。
ピント位置がシビアなので連射でカバーしますw

そして、新郎新婦はもちろんですが、プロカメラマンが絶対撮らないようなシーン、一緒に来た友人の嬉しそうな表情とか、来客が電話で写真とっているところとか、みんなに囲まれて写真を撮られている新郎新婦の様子、とかそんなシーンを狙って撮ってます。

だって、重要どころの写真はプロのカメラマンがしっかりきれいに撮ってくれますからね。

おすすめ単焦点レンズ(ニコン用)

35〜50mmがおすすめ。価格的にも。

35mm

ちょっと広めの35mm。スナップ写真主体。

新郎新婦の全身写真や二人の写真、テーブルを囲む友人たち、なんてのが取りやすい画角です。

DX用
<見つからんかった>

FX用

⇒ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDのレビューはこちら

50mm

ポートレートもスナップもいけるバランス良い50mm。

腰から上、みたいな写真主体の画角。ちょっと離れれば全身写真もいけます。
新郎新婦の笑顔とか泣き顔とか疲れ顔とか表情をつかみやすい。あと料理とかもいいよ!

50mmはいろいろあるし何よりお値段も手頃でおすすめのなかでもおすすめです。
どちらも2015/10/31現在は2万円そこそこです。

DX用(35mm換算の1.5倍の画角でおよそ50mmとなります)

FX用

おすすめレンズ(キャノン用)

35mm

フルサイズ用

50mm

APS-C用

フルサイズ用(1万円そこそこでお手軽!)

というわけで

結婚式は単焦点レンズがおすすめ!っていう話でした。

載せた写真は単焦点で撮った写真で、のっける都合上、テーブルフォトが多くなっちゃいましたが、遠景が入った写真はもっと雰囲気があってその時の空気感が伝わってくるような気がします。

個人的にはメインカメラマンとしての撮影でなければ、スピードライト買うより単焦点レンズ1本足したほうがおすすめです。
これから結婚式あるわーなんて人、ぜひぜひ!

関連してこちらもどうぞ!
D750の結婚式での撮影・設定の覚書

記事が参考になったらぜひいいね!をお願いしますm(_ _)m
  • 「Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ニコンDXフォーマット専用」をDX機につけると35mmになりませんか?

  • kogi

    こんにちは~コメントありがとうございます。
    DXフォーマットの場合、実際の画角は約1.5倍となるので、35mm f/1.8Gをつけた場合の画角は約52.5mmになります。
    こちらの記事が参考になりますので宜しければ読んでみてください。
    http://logcamera.com/50mm-tanshouten/

  • greg joe

    こんにちわ。FXレンズをDXのカメラにつければおっしゃるとおり画角が1.5倍になりますが、DX専用レンズをDXのカメラにつければ「あ」さんのいうとおり数字のママの画角になりますよ。専用だけにセンササイズの差とか余計な事考えなくていいですから

  • kogi

    こんにちは、コメントありがとうございます^_^
    表現や捉え方の違いなのかなあとも思うんですが、DX35mmは35mm判換算の画角で約52.5mmになります。
    ニコンのDX35mmの仕様表にも「44℃・FXフォーマット/35mm判換算:52.5mmレンズの画角に相当」と明記されてますので参考にご覧ください。
    http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/af-s_dx_nikkor_35mm_f18g/spec.html

    逆にDXフォーマットで35mm判換算35mmの画角を実現するためには約23mmのレンズが必要です。

  • greg joe

    D750いいですね-!

    >FXフォーマット/35mm判換算:52.5mmレンズの画角に相当

    35mm判換算=FXフォーマット換算
    つまりFXレンズでいうと52.5mmの画角という意味です。

    35mmはあくまでDXにつけた時の話で、
    FX機(D750)使いのkogiさんからみたらこのレンズは焦点距離52.5mmのレンズということになります。

    画角を数字でみるとわかりよいですよ
    http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/af-s_dx_nikkor_35mm_f18g/spec.html
    このレンズ(DX35mm)の画角: 44°

    http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/af-s_nikkor_50mm_f18g/spec.html
    このレンズ(FX50mm)の画角: 47°

    52.5mmでなく50mmの比較なので一致しませんが似たような画角になることがわかります。

  • T

    いや、換算50ミリってのはAPS-Cにつけたときに映る範囲が、フルサイズでいう50ミリ相当だよってことですよ。

    DXレンズだろうが焦点距離は変わりませんが、センサーが小さい分クロップされて画角は狭くなります。
    あとDXレンズをFXにつけると周辺がケラレて使い物になりません。

    というか、DX35ミリとFX50ミリがだいたい同じ画角って自分で言ってるじゃないですか…
    35ミリって書いてあるレンズがフルサイズ50ミリと同じ画角ってことは、DX換算の焦点距離で書いてあるとすれば50ミリって書いてないとおかしいでしょ。

カメラ」カテゴリの人気記事

アウトドア&フィッシング ナチュラム

こちらもどうぞ

Sorry. No data so far.