平湯キャンプ場で1泊・岐阜県から出ぬ!キャンプツーリング

hirayu020

はーい!久々にキャンプツーリング行ける機会にめぐまれましたよこれ。
ええ、今年2回目かな?
年々減ってる気がする・・・(;´Д`)

今回の目的地は平湯キャンプ場

季節は夏。8月13日(たぶん)。
夏真っ盛りです。

暑いところは暑くて寝れないし蚊に刺されそうだ、ということで、標高の高いキャンプ場だー!
というわけで今回は平湯キャンプ場です。

平湯キャンプ場ならわりかし近いしってことで結構だらだら出発。
今回のいでたちはこのような感じです。

hirayu001

坂折棚田と中野方ダム

道中、恵那市の坂折棚田に立ち寄る。

リンク:
恵那市観光協会 坂折棚田

この棚田、この界隈では少し話題の棚田。
イベント開催やオーナー制度などで盛り上がりを見せている、ような気がする。

この時間は誰もいなかった

この時間は誰もいなかった

見渡す限り田、田、田

実っておられるようす

東屋があるので早くも一休み

で、坂折棚田から見えるところにある中野方ダムも行ってみた。

リンク:
中野方ダム

中野方ダムの上です(徒歩にて)

小さめのダム

遠くの方に坂折棚田が見える(かすんでる)

中野方ダムから見る坂折棚田

中野方ダムはね、特に見どころがなくて楽しくなかった。

昼ごはん

中野方ダムからよく知らない林道を走破して257号線へ出てきたところから高山方面へ少し進んだところにあるこのそば茶屋でお昼ごはんよ。

この辺ではちょいちょいあるお店

このお店、初めてキャンプツーリングに行った時の帰りに土砂降りのなか立ち寄った思い出深いお店です(笑
あのときは後輪のプーリーが外れかかる、という死ぬんじゃないかというトラブルに見舞われて辛かったな・・・(;´Д`)

今はちゃんとついているし外れる様子もなしですたぶん

今はちゃんとついているし外れる様子もなしですたぶん

何も心配事がないと楽しいですね(あたりまえ

大盛りで900円でした

あららぎ湖経由で進む

下呂から少し西へ入り県道98号線であららぎ湖を通りつつ平湯を目指すルート。
空いてて楽しいルートでした。

川で遊ぶ人多数。
さすが8月。

飛び込みたいけど水着がないので見るだけ

泳ぎやすいようになっていていいところだった

すごいきれいだけど冷たそう

で、あららぎ湖到着。

あららぎ湖でポケモンをゲットしたり昼寝したり

あららぎ湖はなんもなかった。
ほんとなんもなかった。

けど道が楽しかったのでよかった。

平湯キャンプ場到着

ちんたらだらだら進みまして、15時くらいに平湯キャンプ場に到着。
受付して入浴券も購入。
キャンプ台1,000円+入浴券400円と、セット割引で100円お得。

ひらゆの森の入浴券

で、繁忙期はバイクの人はフリーサイトだけ利用可能、となっているわけですが、さすが、混んでました。
もう、わいの重たいバイクではちょっと怖い。

なかなか大きめの石が落ちてるし微妙に斜めの駐輪場。とにかくこけそうで怖い。

すでに平たいところはだいたい埋まってた

端っこに設営。すごい斜めで寝るのが若干大変だったorz

さくっと設営してひらゆの森へゴー。

通常でも500円とお得な方なのに本格的な感じの温泉が楽しめるひらゆの森

今回はソロなので、何も考えずにだらだら2時間くらい入って、栃尾の方まで行くとあるスーパーマーケットで買いだして帰還。

ここスーパー、売っている肉がだいたい飛騨牛ですごい高いのでびっくりする。

本日のキャンプ具合

今回からイスがあぐらイスからヘリノックスもどき(失礼)のイスに変更。
ずっとヘリノックスを迷っていたけど、このような高価なイスをサイトに放置プレイするのってドキドキやわ、などと小心者っぷりが足を引っ張ってましたが、およそ半額で手に入るこのイスなら・・・
それでもやっぱちょっと心配ですけどね、そんな人いないとは思いますけどねorz

あぐらイスの半分くらいの収納スペース&重量。すてき。

あぐらイスの半分くらいの収納スペース&重量。すてき。

高い位置に積載しても気にならないのがすごく良い

高い位置に積載しても気にならないのがすごく良い

サッポロ黒ラベルで一人パーリーナイトです。

ちょっと贅沢な本物のビール

平湯キャンプ場に来ると、前に来た時にそばにテント張っていた知らない人がずっと「ケイちゃんパーティーしようよ〜」って言っていて、それが忘れられない。
ので、ケイちゃんを頂きました。
(焼肉用のお肉高すぎ)

ケイちゃんパーティーしようよ〜

この後、スキレットをひっくり返してしまい焼けたケイちゃんを全て地面にばらまくというプレイに至りましたが、何事もなかったかのように食べるプレイで乗り切りました。
ちょっとじゃりじゃりしました。

8月もお盆のどまんなかですが、平湯キャンプ場は寒い。
温度計持ってないからわかんなかったけど、薄手のパーカーを羽織った感じの長袖長ズボーンでも寒かった。
15度くらい?
焚き火がありがたや。

点火するのに結構てこずった焚き火

ひっくり返さずにおいしく食べれたチャハーン

ファイヤー!

ひとしきりファイヤって寝ました。おやすみなさい。

平湯キャンプ場の朝

グッモーニン。

夜はちょいちょいうるさい車なのかバイクなのかが走ったりして少し目が覚めた。
フリーサイトが道路のすぐ脇なんだよね。
あと、テント張った場所が結構ななめで寝心地がアレだったのが敗因ですね。次回から気をつけよう。

夜ご飯で余った冷凍チャーハンが朝ごはん

今日も良い天気でなにより

ご飯食べてちょっとゆっくりしてから撤収。
今日は前から気になっていた駄吉林道を目指す。

hirayu030

記念に受付票をホムセン箱に装備

記念に受付票をホムセン箱に装備

駄吉林道

ツーリングマップル2013によれば2kmほどダート、とのことですが、調べてみると全部舗装されているとのこと。
これならこの重いハーレーさんでも行けるよきっと。
というわけで突入します駄吉林道。

参考(ありがとうございます):
駄吉林道

わかりにくい駄吉林道の入り口

駄吉林道の入り口は結構わかりにくくて、平湯方面からだと左手に赤いっちゃー赤い橋があるのでそれをわたり道なりに左にちょっと進んでからの右、でここです。(だったと思う)

ここからは先日サンプルを頂いたMUSON C1で撮影をしてみたのでYouTubeでどうぞう。

てな感じで、1箇所だけこわいところありましたけど無事走破。
しっかり全線舗装されてました。
景観も良い、という情報を耳にしていたものの、木が茂ってしまったのか、景観はいまいちでした〜。

乗鞍少年自然の家付近に出る駄吉林道

駄吉林道走破記念的な

むか〜し言ったことがある乗鞍少年自然の家じゃなかった乗鞍青少年交流の家の看板

こちらは飛騨高山スキー場。キャンプ場としても営業しているようだった。

ここから高山方面を目指してなんかあるかなーなんて進みましたが、ガチでなんもなくて物足りませんでしたorz

県道453号線経由でせせらぎ街道へ

なかなかのがっかりイリュージョンで凹みつつ、まあそろそろ帰りのことも考えなくちゃねっていう感じだけど、高山市内からのせせらぎ街道では普通でつまんないだろってことで県道453号線経由でせせらぎ街道へ・・・

あれ、なんだこの看板・・・

ッアーーーーー!

ッアーーーーー!

てことで普通に行きますね。

せせらぎ街道

せせらぎ街道は通るの5回目くらいですけど、へたれだし運転下手なのでゆっくり行きます。
お盆ってことで混んでるのかなーと思ったけれど、意外と空き空きでマイペースで走れました。

昨日も食べたけど今日もそば食べる

道の駅 パスカル清見もまあまあの混み具合

パスカル清見は川遊びスポットとしても人気なんですね?

涼しそうでうらやましい

で、ここからまた支線へ入り県道86号線。
この道はかなりグネグネしてて楽しかった。
これも動画撮れてたらYouTubeにあげてみようかな。

そして辿り着いた岩屋ダム。

岩屋ダムの放水するっぽいところ

ポケスポットになってそうな石碑

薄暗い展示室は水力発電と揚水の仕組みについての展示があって楽しかった

ロックフィルダムの岩屋ダム

車がダムの上を走っているのを見つけて、走れるのかー!っつーわけで往復しときました。
今度は対岸から北上とかしてみたいなあ。

岩屋ダムとハーレーさん

あとは帰るだけ

というわけで帰宅しました。
帰り際、空模様が怪しくて思わずレインカバーなど装備したけれど、なんとか家まで天気が持ちました。

行きにも寄った道の駅でソフトクリームを食べて帰宅

というわけで

平湯キャンプ場で1泊・岐阜県から出ぬキャンプツーリングでした。

平湯キャンプ場はもう3回目だけど、料金が安くて風呂が近くて好きです。
駐輪場がちょっと危ないのでなんとかして欲しいですが好きです。

また来年の夏も行くのかなー。
でも今回までのツーリングで走れそうな道は走っちゃったような気分になってるからしばらくはいいかも。

キャンプツーリング」カテゴリの人気記事

アウトドア&フィッシング ナチュラム

こちらもどうぞ