Lixada バーベキューコンロ・焚火台 レビュー

レビュー

焚火台をご提供頂いたのでレビューです。
コンパクトな焚火台で積載力のないセローにぴったり。

Lixada バーベキューコンロ・焚火台

こちらの焚火台。

収納した状態をマウスと比較するとこんな感じ。

収納ケースが付属する

中身は青い保護シートがついてる状態です。
これは剥がして使います。

青いのは保護シート

キャンプで使ってみる

それでは実戦投入です。

青いシートを剥がした焚火台

表面の青いシートは剥がします。
これけっこう大変だったので、家で剥がしてから持ち出したほうが良いです。

そして組み立て。

組み立て中

横のパネルを3箇所結合してから底面をはめ込むみたいな感じでOK。
なかなか力が必要なので軍手をして作業したほうが良いです。(軍手は忘れた)

組み上がりました。

指紋がすごく付いてしまった

この指紋がそのまま焼かれて模様になってしまうので、初回の火入れのときには指紋など汚れはきれいに拭き取ってからやると残念な気分にならずに済むかもしれませんorz

燃やしてみるよ

落ちている松ぼっくりや枝を集めてきてファイヤー。
この焚火台はコンパクトなので、最初は焚火台をバケツ代わりに持って松ぼっくりなどを拾えます。

準備万端

それでは添加してみましょうー動画をこさえてみました。

燃えている様子がなかなか美しい

ファイヤー中

炎がちらちら見えて、大きめの焚火台とは違った楽しさがあります。
ゴトクが付属しているのでコンロ代わりも。

クッカーをのせてみた様子

焚火台の大きさの都合で小さな木しか燃やせないけれど、火力は充分。
火加減の調整が難しいので料理はあんまりだけど、お湯を沸かしたりちょっと何かを焼いたりするくらいならこれで充分なので、思い切ってバーナーとガス缶も荷物から外すこともできるかも。

まとめてみる

焚火台とコンロとして使え、コンパクトで軽量な焚火台。
積載力のないときや荷物を減らしたい人におすすめです。
コンロとして使えるところは想像以上に便利で気に入りました。

ただ、すすでクッカーがえげつないくらい黒くなるのでそこはちょっと要注意。
それと焚火台が小さいから木の追加の頻度が多くて少し忙しいかなーと思うけど、焚き火を楽しむという点ではいいのかも。
底面は通気性の良い形状なので、直火NGのところでは別途対策が必要です。
100円均一とかのステンレス皿に水を張ると良いです。

Lixada バーベキューコンロ・焚火台でした

というわけで軽量コンパクトな焚火台のご紹介でした。
キャンプツーリングで荷物を減らしたい人におすすめのアイテムです。

2018年5月26日まで400円OFFクーポン

クーポンコード:6UN3QKFC

割引クーポンをご用意頂きました。
ご検討中の方はぜひぜひ!

記事が参考になったらぜひいいね!をお願いしますm(_ _)m

新しい記事
この記事が一番新しい記事です。

過去の記事

レビュー」カテゴリの人気記事

アウトドア&フィッシング ナチュラム

こちらもどうぞ