GoPro HERO 7 BLACK発売!なのでGoPro HERO 6との違いを確認してみよう

ずはーGoPro HERO 6を割と最近かいました、@kogiです。
GoPro HERO 7 BLACKでましたねー!

ん?この間、6出たよね?そんな変わってないよなーふーーーーーーーんーーーー

めっちゃいいじゃないかHyperSmooth ビデオ。

どどどどうしようってことでGoPro HERO 7 BLACKとGoPro HERO 6 BLACKとの違いを確認してみようの会です。

GoPro HERO 6について

買いました、今年、僕。

関連記事:
GoPro HERO6 Black レビュー

調べてみたんですけど、今年2018年2月に買ってましてね・・・まさかニューモデルが出るとは想像もしていなかった。
しかもこの間こわれたのでGoProさんに対応してもらって交換してもらいました。
それはそれでまた別にレポートするとして、なんかの間違いでGoPro HERO 7が来ないかなと思わんこともなかったです(まてまて

発売日について確認してみる

どんな感覚で発売されてるのさGoProよ、ってことで確認。

モデル名 発売時期
HD HERO3 2012/11
HD HERO3+ 2013/11
HD HERO4 2014/10
HERO 5 2016/11
HERO 6 BLACK 2017/9
HERO 7 BLACK 2018/10

なんつうかほぼ毎年新しいモデルが出てるのね・・・!!!
いやこうなるとあれか、2019年にも新しいの出るのかな?スマートフォンみたい。

買い替えてしまいたい欲望に駆られるポイント

なんか毎年でてんのならまあ今回は見送ってもいいのかなとか思い始めちゃったけど、気を取り直して買い替えてしまいたい欲望に駆られるポイントをまとめてみよう。

HyperSmooth ビデオがすごい

HyperSmooth ビデオ、ほんとすごい。これはすごい。
GoPro HERO 6の手ぶれ補正もがんばっているけど、歩きながら撮ったりすると結構ぶれてしまって。
子どもに持たせようものなら大変なことになるんだけど、HyperSmooth ビデオはすごい。欲しい。

こんな感じですごいスムーズ。
GoPro HERO 6ではジンバル欲しいなーなんて思ったのだけど、GoPro HERO 7なら必要ないのかも知んない。

前にGoPro HERO 6 BLACKとSONY FDR-X3000の比較をしたときに、手ぶれ補正ならSONY!なんて思ったものの、手ブレの面でももうGoPro一択です。使ってないからたぶんだけど。

関連記事:
GoPro HERO 6とSony FDR-X3000とを比較してみた

スーパーフォト

「HDR、ローカル トーン マッピング、ノイズ低減を駆使した機能で、どんな明るさでも美しい写真を自動的に撮影できます」(公式サイトより)ということで、一眼レフには到底かなわないだろうけども、結構きれいに撮れそうな印象。
公式サイトの画像を見るとダイナミックレンジがかなり広くなっているみたい。
今までだと写真はスマホかカメラで撮ろう、と強く思っておったのだけど、全部GoProでええかな、と思うのかもしれない。

TimeWrapビデオ

手ぶれ補正の機能を利用してスムーズなタイムラプス動画を機材なしに撮れちゃう。

普通に撮った動画だと後で見るのがめんどくさくなってしまうのだーってそれなら撮るなよって思うんだけど、撮らないとあとでみれなくて寂しいなあと思うんですよ。
そこでタイムラプス動画。
これだとさくさくっと見れるので、写真と動画のあいさっこみたいで程よく思い出を見返せて好きですんで・・・・・使うかな?わからん。

ライブストリーミングに対応

GoPro HERO 7 BLACKとスマートフォンでFacebookなんかのライブストリーミングが実現できるそう。
ライブストリーミングはやったことないけど、友達と出る駅伝でタスキと一緒に機材を渡して中継していけば、今までと違った駅伝が楽しめるのではないかなと妄想している。
けどそれ以外に使うことがないような気もする。

動画撮影時間を15秒・30秒に制限して撮影できる機能

インスタを意識した機能みたいだけど、そういうの関係なくちょっとだけ撮りたいなーって思う時があるので便利そうだ。
ただ、最長30秒だと短すぎるので1分とか5分もほしいなあ。

GoPro HERO 6 BLACKと比べて

まとめると、こんな感じでしょうか。(上に書いてないのも含めて)

  • さらに進化した手ぶれ補正・HyperSmoothビデオ
  • TimeWarpビデオ機能
  • ライブストリーミング対応
  • 動画撮影時間を15秒・30秒に制限して撮影できる機能
  • 4K60撮影可能
  • 3-mic プロセッシングのウィンドノイズ低減
  • RAW撮影可

マイクが一つ増えたみたいで、ウィンドノイズ低減も進化しているっぽい。
全然PRされていないからどうなんかな。

バッテリーは共通なのかな?仕様表をみると「着脱式 1,220 mAh リチウムイオン充電式」とあるので、GoPro HERO 6 BLACKと共通っぽいですけどどこ見ればそういうのわかるのかがわからんかったぞGoPro公式サイトorz
撮影可能時間とかは変わってないでしょう。

追記 2018/10/01

YouTubeでモロケンさんがバイク乗って撮ったときの映像をたっぷりのせてて参考になりました。
マイクの風切り音がだいぶ軽減されているように感じるけどどうじゃろう。

というわけで

GoPro HERO 7 BLACKとGoPro HERO 6 BLACKとを比べてみるコーナーでした。
書き並べてみると、なんとなくすごい新しい!って気がしていたのがそうでもなくなってきました(失礼

でも、HyperSmoothビデオはすごい。欲しい。すてき。
ジンバル欲しいなーでもいざとなったらじゃまくさくて使わないよなーと思いつつ買おうかと思っておったけど、これならジンバルを買う勢いを頭金(?)にGoPro HERO 7 Blackを買えばいいじゃん。
という勢いで買ってしまおうか際どいところです。

リンク:
GoPro HERO 7 Black

SilverとWhiteも魅力的です。

カメラ, 取らぬ狸の皮算用」カテゴリの人気記事

アウトドア&フィッシング ナチュラム

こちらもどうぞ