陣馬形山キャンプ場へキャンプツーリングへ行ってきた

IMG_5358.jpg

9月半ばの話ですが、長野県上伊那郡中川村にある陣馬形山キャンプ場へキャンプツーリングに行って来ました。
陣馬形山キャンプ場は陣馬形山のほぼ山頂にあるキャンプ場で、すっっっっっっっっごい景色の良い所で、行ける距離に住んでるなら1度は行っておいたほうがいいんじゃないかっていうくらいよかったですほんと。

売木村から天竜川沿いに北上

今回は天竜川沿いに北上しつつなんかいろいろ見て、それから陣馬形山キャンプ場へ行くというルート。
ぐにゃっぐにゃの山道を進んで天竜川へ合流。

IMG_5216.jpg

IMG_5219.jpg

JR飯田線の伊那小沢駅。
電車は1〜2時間に1本くらいみたい。

飯田線は超山の中をゴトゴト行って豊橋へ出ることができる路線。
このなかなか険しい山の中によく線路引いたなーと思うと、ちょっと一度乗ってみたい。

IMG_5225.jpg

ざっくりとした案内板がところどころにあったので現在地を確かめつつ、国道418号線から国道152号線へ進みます。
天龍村役場を過ぎて国道418号線が東へ反れたところあたりの川沿いの道が独特の風景でおもしろかったけど、写真撮れなかった・・・。

旧木沢小学校

IMG_5222.jpg

道中「引越のサカイCMロケ地」とか「バイクの方もどうぞ」とかそんなような熱烈な歓迎っぷりの看板があったので寄ってみました。
引越のサカイのCMは見たことあったけど、こんな割と身近なところでロケしてたなんて知らなかったー。

校庭にはなんか人懐っこい猫。

撫でても大丈夫だった。
でも撫でてたらじゃれてきて「おいお〜いかわいいな〜」なんて思いつつ撫で続けたけど、左手首のところをちょこっと引っかかれて腫れたのですぐやめました。猫アレルギーなんです。

あとで知ったけどこの猫は猫校長なんだそう。
なかなかアグレッシブな校長。

ロケ地ということで、当時の状態っぽい感じになってました。
黒板も若干落書きっぽいのがあったけれどCM撮影時の状態みたいでした。

それで撮影されたCMがこちらの。

しぇんしぇ〜!

IMG_5241.jpg

こちらの教室では

IMG_5242.jpg

なんか難しそうな話をしてた形跡が。

下栗の里

旧木沢小学校を過ぎてすぐくらいから登っていく予定が、道がよくわからなくて上村から山を登り下栗の里へ。

山を登っていくわけでここからは本格的に山道。
超登りつつのヘアピンカーブがあったりで転ぶんじゃないかとドキドキしました。

IMG_5245.jpg

駐車場に停めて、徒歩でビューポイントへ・・・片道10分くらい。

山育ちの自分でもちょっと怖いと思うほどの急斜面を進むとビューポイントです。
道はすれ違いもままならないくらい細いので、うっかり滑落なんてこともありそうなほど。

入り口には「バイク・自転車は無理です」みたいなこと書いてあったけど、こんなとこに乗り入れする輩がいるのだろうか。

IMG_5253.jpg

というわけでビューポイントへ到着。
引越のサカイCMもここで撮影したのかなー秋は紅葉がきれいなんだろうなー。

しらびそ高原〜小渋ダム〜キラヤ(食品スーパー)

しらびそ高原付近でカップラーメンを食べてからだだーっと山道を下り再び国道152号線を北上。
地図で見たときはなんとなく2車線道路を想像していたけれど、こんな山の中でそんな大きい道があるわけがなく。
だいたいが1.5車線くらいの細い道で、結構飛ばしてくる車もいてちょっと怖い。

途中にある小渋ダムに立ち寄ってみる。

小渋ダムは大きな駐車場が整備されてるものの誰も観光には来て無くて貸切状態。
冷房の効いた部屋でちょっと休みつつダムカードをもらって出発。

小渋ダムからは一旦西へ進み、松川町の食品スーパー・キラヤで買い出し。晩ごはんはおでんー。
そこからきた道を戻り小渋ダムの真ん中編から北へ折れる道へ進む。
途中の四徳温泉オートキャンプ場で風呂だけ入りました。(500円)

そこからさらに北へ行くと折草峠につくので、そこから西へ行く道に進みます。

事前に知ってたけどここからダートで・・・
倒したらもう起こせない・・・

怖かった(;´Д`)

オフロードバイクが欲しくなります。

陣馬形山キャンプ場(無料)

IMG_5280.jpg

途中、虹も見れたりして嬉しかった。

陣馬形山キャンプ場は大人気のようで駐車場がいっぱいいっぱい。
とりあえず山頂まで行って見ることに。

IMG_5281.jpg

駒ヶ根市から飯田市くらいまで?を一望できる絶景で思わず「おぉおおぉ・・・!」とか独り言を言ってしまい変な人でした。
反対側には駒ヶ岳ロープウェイが小さく見えました。

テントサイトはそこそこ埋まってて入りづらかったので駐車場で幕営することにしました。

飯田市方面がずっと見えるっぽいポジション。

あっという間に日が暮れて夕焼けから夜景に。
アップルロードのあたりのカーブがよくわかりました。

IMG_5302.jpg

夜景を眺めながらおでんをつまみにちびちび。
レトルトおでんなので温めるだけー。
アルコールストーブの炎が静かにゆらゆら揺れる。

これ簡単だしおいしいしすっごい良い組み合わせだったのでぜひみなさんもやってくださいよー
おでツー・・・(流行りそうにない)

IMG_5321.jpg

どこの街かわからないけどお祭りだったらしくて花火も見れました。
この近辺は花火が毎週のように上がるみたいです。
上から花火を見下ろしたのは初めてで新鮮でした〜。

もうやることないんで就寝・・・夜、めっちゃ寒いかと思ったけどそんな寒くなかったです。

IMG_5328.jpg

朝、改めて山頂まで向かってみます。
駐車場はかなりいっぱいな感じ。

IMG_5338.jpg

朝の伊那谷。
こんな雄大な景観が気軽に楽しめるのが陣馬形山キャンプ場の魅力で、人気があるのもうなずけます。

IMG_5330.jpg

テントサイトはこんな感じ。
3段になってました。

トイレはボットン便所ですが、その割にはきれいかな?夜は真っ暗になってたので使うの怖そう。
赤い屋根のが避難小屋で、緊急時のみ使っていいんだとかです。親切!
洗い場も整備されてました〜こんな山の上で水道が使えるなんてまた便利ですなー。
飲んだりする場合は煮沸せよとのことでした。

IMG_5349.jpg

朝ごはんはマカロニにしました。
マカロニはかさ張らないしレトルトソースはそこそこおいしいし手軽に作れるしで気に入ってます。

ご飯食べたりしてたらだいぶ太陽が登ったので、また山頂へ。

伊那谷を北から南へ。
反対側には駒ヶ岳ロープウェイも見えました。(2回目

IMG_5358.jpg

撤収・・・この景色、また絶対見に来たいなー!

IMG_5362.jpg

タナックスのシートバックはハーレーとちょっとミスマッチかもしれないけど、収納性抜群でよかです。
皮バッグとかハーレー純正ケースは超高いので手が出ないし。
バッグにはテントと寝袋、照明類とクッカー類が入ってますが、着替えを入れるスペースがほぼ無くてしんどいので、そのうちキャリアー足すかなんかしよう。
っていうかどうせ最大サイズでしか使ってないんだもんでそれだったら最初からもう一個大きい奴買っとけばよかったとつくづく後悔してますorz

そんなわけでした

陣馬形山キャンプ場、よかったよーよかったーほんとよかったーまたすぐ行きたいほど。

東側から来るとダートですが、西側から来ると全部舗装路で来れるみたいです。
帰り道は東側から行ったけれどダート箇所無かった・・・けど、道が複雑で覚えられなかった( ;∀;)
もし車で行く場合、ダートのルートでも道幅あるのでそう問題ない感じです。そんなに道荒れてなかったし。

また来れる時は秋が深まる頃、紅葉の頃に来てみたいなと思います。寒そうだけど。

記事が参考になったらぜひいいね!をお願いしますm(_ _)m
  • せろお

    遅いコメントで失礼します
    V1関係で検索してたどり着きました
    陣馬形山、めっさ地元ですw
    売木のあたりも昔、よく走ったなぁ

    陣馬形山は、仕事で平日昼間しか行ったことないから、
    こんなに混むところだと初めて知りました
    いつか、嫁子が実家に帰ったときにでも星見ツーリングに行くつもりでしたが・・・
    穴場だと思っていたのに残念

  • kogi

    コメントありがとうございます(^-^)
    地元の方なんですね!陣馬形山は大好きなのでうらやましいです。
    いろんな人がブログを書くので、いいところは結構知れ渡ってしまいますね。
    そんな自分もブログで陣馬形山のことを知った口ですがw
    おかげで良いところを知ることができるので感謝してます。

    このときは秋のキャンプシーズンまっただ中といえばそうだったかなーと思いますので、比較的混雑していた時期かもしれません。
    人は多いですが、場所柄、家族連れも少ないので静かでしたよ~。
    あと、あんまり人がいないと熊とかが心配なので、人がある程度居たほうが安心感ありますし。

    残念と言わずせろおさんもぜひ行ってみてくださいね(^0^)

  • Pingback: 内山牧場で1泊・高ボッチ高原&ビーナスライン&八ヶ岳高原道路を巡るキャンプツーリング | sacnoha()

キャンプツーリング」カテゴリの人気記事

アウトドア&フィッシング ナチュラム

こちらもどうぞ