Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gレビュー

カメラ

Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

先日の結婚式で「35mmじゃ広くって使いづらいワン」とか言ってた@kogiですほにゃにゃちわ。

そんで、さらに結婚式もあったもんですから勢いあまって「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」買いました。

単焦点レンズはこれで35mm、50mmの2本です。
さらにシグマの50mmマクロもあるので50mmだけでも2本です。(アホ

開封

Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gの箱

おなじみになってきた金金のニコン箱。

Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 一式

付属品はフードと巾着袋。
説明書はやたら分厚いんですが、いろんな言語を1冊にまとめてあるものでした。

2ヶ月ほど使ってみました

ので、そんな感じのレビューです。

軽くて小さい

軽いです。小さいです。
本当に軽いし小さいです。

35mmが305gで、50mmは185g。

35mmと比較して半分まで行かないけどその勢いで軽いです軽い。
ちょっと大げさに言えばレンズ付けてないみたいな勢いで軽いです。

そして小さい。
35mmが全長71.5mmに対し、52.5mm。
小さくてかわいい。

丸型フードがいい

懐かしいD50との組み合わせ

懐かしいD50との組み合わせ

花形フードが多いんですが、50mmは丸型フード。

D50 + AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

丸型のこの飾りっ気ない感じが好きです。

ボケます

f/1.8、めっちゃボケます。
ただ周辺部の流れるようなボケ方がちょっと気になりますねー。
この辺、価格とのトレードオフなのかなー。

キレも良し

電柱

絞ればしっかりパッキパキ。
キレの良さとボケのバランスがとても好みです。

目で見た感じに近い画角

大根など

個人的には35mmのほうが視界に近い画角な気がするんですが、今回改めて使ってみて、50mmは背景の入り方とか圧縮具合がより目で見た感じに近いなと思いました。

視界としては、全体を見るときの視界は35mm、集中して見るときの視界が50mmという印象。

子ども相手だと狭いかも

動きの速い子ども相手だと狭くってちょっと難しいですねこれ。
すぐフレームアウトしちゃったり最短撮影距離の関係もあってピント合わなかったりします。
ついでにAFスピードは普通です。

小さめの子ども相手ならば35mmのほうがおすすめ。
AF-S NIKKOR 35mm 35mm f/1.8G EDのレビュー記事はこちら

50mmか35mmか

50mmと35mm

50mm、実際に使ってみると、我が家の場面では画角狭いと思うことが多々あり。
主役を引き立てる50mm、程よい画角で汎用的に使える35mmという感じ。

本体サイズよりフードの形に寄る印象の違いが大きい

本体サイズよりフードの形に寄る印象の違いが大きい

軽量小型&丸型フード(写真と関係ない)が捨てがたいけど、うちではまだまだ2〜5歳の子どもを撮ることが多いので、50mmか35mmかどっちかだけ残す、となったら、35mmです。

ただ、0歳とかだと35mmは物足りないので50mmのほうがおすすめ。
子ども基準なら、生まれたらまずは50mm、歩き始めたら35mmです。

f/1.4かf/1.8では?

ものすごい価格差なので予算の都合上、f/1.8をチョイス!

とはいえいろいろ見比べてみましたが、f/1.4はソフトな感じに写るレンズだとかってちらっとみたので、そっちはそっちで気になりますね(危険

撮ってみた写真

というわけで

Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gのレビューでした。

ボケよしキレよしでメリハリがあり楽しいレンズです。
しかも価格が2万くらいとこなれているので、そろそろキットレンズにもう1本という人には絶対おすすめの1本です。

ただ、DXフォーマット(APS-C)ならば、50mmは35mm換算で約75mmと中望遠になって使いづらいと思うので、その場合はDX 35mmがおすすめになります。

思い切ってボディとこれ1本だけというのも。
ボケが大いに楽しめる組み合わせで一眼レフの魅力を堪能できそうです。

カメラ」カテゴリの人気記事

アウトドア&フィッシング ナチュラム

こちらもどうぞ